コロナウイルスの影響下での転職状況 重要ポイントは今後も伸びる業界か!

コロナウイルスの影響下での転職

  

現在、新型コロナウイルス影響により、多くの業界に決定的な打撃を与えています

給与減額やボーナスや人員カットによって何とか存続させている会社も多く 現実にリストラの検討、実行も起こっています

今後の見通し

そのような状況では今後の見通しが立たないため、転職を考えている方もおられると思います
中には、今とは異なる業界を志望している方もいるかもしれません。
転職する場合に考える事は業界を変えるかどうかというのも重要ポイントです

新型コロナウイルスの影響調査では
「売上の減少」が約4割 「収入の減少」が約3割 「お客の減少」が約2割 「休業要請」が約1割と
企業や個人にも大きな影響が出ています

このような状況ですからこれをきっかけに転職を検討している方も出てきています
大体5人に1人くらいの割合で考えているという結果も出ています
企業の業績悪化による収入の減少や将来の不安を感じると転職は自然と思い浮かんでくるのかもしれません

転職先の業界は

それではどのくらいの人が異業種への転職を考えているのでしょうか?
これも大体5人に1人くらいが異業種への転職を考えているそうです

主な理由は「このような状況でも影響が少なく、または伸びている業界」
     「これからはネットを使ったビジネスでないと安定しない」
     「今の業界の将来性が見えない」
     「早く独立できるようなスキルが得られる仕事に就きたい」

今までになかったこの社会不安は企業にも個人にもいろいろと衝撃を与え対応を迫っているようです

それでは転職する時の重要なポイントはどこでしょうか?

同業界に転職をするのと異業界に転職をするときの重要なポイント見てみましょう
同業会への転職では6割以上が「収入と待遇」そして「仕事の内容」「勤務する場所」と続いています

異業界ではどうでしょう
結果は「収入と待遇」そして「仕事の内容」「勤務する場所」と続いています 
これを見る限りでは同業者も異業種でも重要な部分は変わらないということです

どんな業界が伸びる?

では、今後伸びていくまたは需要はあり続けると思われている業界とはどんなところがあるでしょう
「通信インフラ」「インターネット通販」「システム開発」「ネットビジネス」「土木建設」等が挙げられています
どれもコロナに影響されにくいか、影響があったとしても必要不可欠なものばかりだと思います

やはり、今回の新型コロナの影響で転職の希望先は売上の減少や給料の減少などの影響が少ないところが候補に挙が
ってくるでしょう

数年後にいいキャリアが築けるような転職につながることを願っています

タイトルとURLをコピーしました