面接の重要ポイント!自己紹介のまとめ方

上手な自己紹介のまとめ方

自己紹介の長さ

自己紹介は簡単、簡潔、明瞭にこれを意識して1分以内にまとめるのがいいでしょう
最初から自己PRに走って長く話をする応募者もいてますが
あまり面接官の耳には届いていないと思ってください
一方的に話をし過ぎるとそのあとに話がなくなってしまうかもしれません
面接はコミュニケーションです
面接官にも話す時間を渡しましょう

自己紹介は自己PRではない

自己プレゼンテーションにならないように気を付けましょう
それでは何を話せばいいのかというと
まずは挨拶として名前、会社、学校、得意分野、趣味、特技、過去の実績
これくらいを1分以内にまとめて伝えれば十分です

面接は応募者を評価する時間

面接官は企業にとって知っておくべきことを質問します
逆に知らなくてよいことはどうでもいい事なのです
なので自己紹介の後に少しずつ相手の様子を見ながら質問をして見極めたいわけです
長い自己紹介がNGな理由です

うまい自己紹介の方法

自己紹介方法では名前、学校、趣味などはさらっと説明して
得意分野や過去の実績の中に少し自己PRをしたいテーマやワードを混ぜて自己紹介します
面接官がそのテーマやワードに乗っかかり質問してくる材料を提示しておきます
面接官は自己紹介を聞いてから話をしてくるわけですから面接官の興味を引くような
テーマやワードをうまく入れて自己紹介をしてけば
面接官の次の話のとっかかりになります
ですから、自分がPRしたい分野、特技、実績などいくつかのテーマやワードをちりばめて
自己紹介をしておき
応募者は提示したテーマやワードに自信をもって答えられるよう事前に準備しておきましょう
自己紹介の後の流れや会話を得意分野に誘導することでその後の話も順調に進みます
ただ、この部分でも長話にならないように気を付けてください
一方的な話は面接官を飽きさせてしまいます

全てのストーリーは簡単、簡潔、明瞭にを心がけてください
自己紹介は面接の挨拶ですがその後に影響する第一歩でもあります

タイトルとURLをコピーしました