ブラックな求人票かも

ブラックな求人票かも

求人票でわかるブラック企業の特徴
今までに一度は就職試験や面接を受けた事があると思います
入社する前に希望する会社のことを多少は調べたりもすると思います
ですが一旦入社してしまうと思っていたのと話が違っていても直ぐには辞めることはできませんし何度も 転職をしたくはないと思います
大体、その会社がブラック企業かどうかは実際には入ってみないと分からないものです

求人票にはブラック企業を見分けるヒントが隠されている場合があります
求人票で見つけるブラック企業の見分け方です

一年中求人募集

いつも求人募集をしている企業はちょっと怪しいと思ったほうがいいでしょう
労働環境が悪いので社員が長続きしないために 常に募集をかける必要があります
単純に使いやすく単価の安い労働力を求めている可能性もあります
一般的には企業が求人を出すのは 新卒採用の4月入社に向けて1月から3月や
ボーナス支給後の退社で8月や1月が多くなると言われています
なので一年中求人募集しているところは常に人が足りないというブラック企業の可能性 高いと思われます

相場より高給を提示

高い給料が提示されている場合には二つのことが考えられます
一人当たりの仕事量が多く急いで人を入れないと仕事がまわらない場合
また、仕事内容がハードで人が続かず相場より給料を高く提示しないと人が集まらない
ことが考えられます

若い人が活躍中

若い人が活躍などといかにも若くて勢いがある会社のイメージですが
社歴が短い会社ならわかりますが社歴が長いのに長く勤める人がいないのは怪しい会社だと思います
会社というのは大体ピラミッドのような年齢構成になります
途中でやめる人が多いから若い人が多い会社なのかもしれません

ノルマなし

会社によってはノルマではなくこれくらいは当たり前と考えている場合もあります
目標値ではなく最低値として考えている場合です
どんな会社でも利益があって成り立ちます利益をもたらさない社員は必要ありません
わざわざノルマがないとうたっていること自体が怪しいと考えるべきですね

残業なし

近頃はプライベートな時間を重要視する傾向が強く残業がないと思わせるのはいい誘い文句だと思います
しかし実際にはどうでしょうか?残業をしなくていいくらい人がいてる会社ならとても魅力的ですがそれだと求人する必要はありませんね
現実は残業なしではなく残業代がなく残業も勤務時間ととらえてサービス残業が当たり前の会社かもしれません

夢を実現

こんな抽象的な表現をしている会社には注意しましょう
夢などは100人いれば100通りです
はっきり言って最初から企業はかなえるつもりはありません
夢や精神論を強調するのは他にPRポイントがなく夢の実現を餌に社員を叱咤激励して働かせる会社かもしれません

アットホームな雰囲気

聞こえのいい響きですがアットホームを強要されたりプライベートに入り込まれたりすることもあります
人付き合いの上手な社交的な方には向いてるかもしれませんが
アットホームなため社内行事で休日出勤が増えたり終業後の付き合いが断りづらいなんてこともあります

成果主義や幹部候補、実力主義、試用期間の長さ、
こういった事が求人表に記載されていたら逆に要注意だと思ってください

今は転職会議のような口コミサイトもあります
事前によく調べてうまい言葉に惑わされず客観的な視線で選ぶことが大事です

■DYMのセールスポイント ・未経験OK!既卒、第二新卒の方、フリーター、派遣、ニートの方に優良な正社員の仕事をご紹介。 ・2000社の優良企業をご紹介させていただきます。 ・正社員求人100%。ブラック企業は徹底排除 ・イベント来場者の就職率は脅威の96%。 ・書類選考なし ・カンタン60秒マッチングサービス  

タイトルとURLをコピーしました