転職紹介サイトの転職エージェントとは? 利用する前に知っておくべき重要ポイント

転職エージェントを利用する前に知っておくべき重要ポイント

転職エージェントを利用する前に知っておくべき重要ポイントがあります

これからは 総合職よりは専門職が厚遇されるようになる
そういう厳しい時代が到来します

転職エージェント

これからを生き抜くためにはキャリアを自分で考えて作っていくしかありません
キャリアアップには転職をサポートしてくれる転職エージェントの存在が重要です
このことを知っているのと知らないのでは転職活動の効率良い行動の差が出ます
まず
転職エージェントを利用する際に知っておいたほうがいいことがあります
人材紹介ビジネスの収益モデル
企業が人を採用する方法はだいたい二種類あります
企業側が使うのは
直接採用と広告媒体ですね
求人誌や自社のホームページに掲載したりイベント開催とかで採用活動を行います

転職紹介業者

紹介事業者を使う方法は有料紹介業者(転職エージェント)や無料紹介(ハローワーク)などの方法で採用活動します
これらの採用活動で圧倒的にコストの高いのが有料紹介転職エージェントを使った採用方法です
企業側としては一番コストの高い採用方法です
転職希望者側はこのサービスを使うと1円も払うことなく転職エージェントからサポートを受けられます

転職エージェントの収益モデル

企業に優秀な人材を紹介できる転職エージェントは優秀な人材を紹介できたら成功報酬として採用者の年収の30%から40%ほど採用企業から受け取れます
転職エージェントを利用している企業は大手優良企業が多く優秀な人材を獲得するお金のある会社しか転職エージェントを利用しません
ネットサイトとかハローワークで企業を探すよりはるかに優良企業が多いのが現実です
デメリットは転職エージェントは転職希望者を転職させれば収益が発生します
つまり転職エージェントと転職希望者の利害は必ず一致するとは限りません
転職エージェントの収益モデルを理解して対応することが必要です

転職エージェントのタイプ

転職を考えるうえでは次のことを考えて置くべきです
現在の状況より立場も給料も高くなる転職
現在の状況と同程度の立場をを維持する転職
現在よりも立場も給料も下げてする転職
一旦離脱していた立場を元と同程度に復活させる転職
転職エージェントにとって一番簡単で楽なのは「現在よりも立場、給料を下げてする転職」です
簡単に確実に転職エージェントの収益になります
現在の年収より低い年収で転職させれば採用企業も随分と得をしたことになります

逆に難しいのは「現在の状況より立場も給料も高くなる転職」時間も手間もかけてサポートしても採用に至る可能性はあまり高くありません
採用ができないと企業からの成功報酬の収益は発生しません
転職エージェントにとっては苦労の割には見返りが見込みにくい仕事になります

「現在よりも立場も給料を下げてする転職」を紹介してくる転職エージェントはあなたの能力経験を活かせる企業を紹介しようとかは考えていません
何とか転職させて成功報酬を得ることだけを考えています
だから、会社の社風がいいとか将来性とか昇給、昇格がいいとか実際にはわからないことで推奨してきます
現実的でなく根拠の薄い話で圧してくる転職エージェントはやめたほうがいいです

あなたの転職を成功に導く転職エージェントはあなたのために一生懸命考えてくれます
「現在の状況より立場も給料も高くなる転職」それは転職エージェントにとってわりに合わない大変な仕事になるかもしれません。でもそんな苦労をしてくれる
転職エージェントも一定数はいてます
そんな転職エージェントを見つけられたらうまく付き合っていくのがいいと思います

転職エージェントの得意分野

転職エージェントにも得意分野があります
転職者の年代別や得意な専門分野などさまざまです
営業関係 が得意、IT関係が得意、事務系が得意、外資やベンチャーが得意といった感じです
転職者の希望業種と転職エージェントの得意分野がマッチしているといい転職が見つかると思います

転職エージェントと付き合ってうまくいかなかった人の中にはあまり役に立ってない
と感じる人も多く
ほとんどの人は自分の要望を理解してくれないとかアドバイスがないと感じています
転職者の成功を目指していない転職エージェントに当たってしまうとこういったケースが多くなってしまいます
自分の考えや要望を理解してくれる転職エージェントを見つけることは転職の近道かもしれません

日本の市場規模

日本では新卒者を一度に一括採用という方法が一般的です
採用後に自社研修で育てていくのが日本の会社では当たり前になっています
欠員分だけを中途採用で補充するという方法の為中途での求人数は多くはありません
中途採用数が多いのは外資系企業です
外資系は社内研修よりは優秀な人材を即戦力で採用するのが一般的です
人材育成などに時間も費用もかけません
次はベンチャー企業も多いですね急成長のため増員の必要性に迫られているところもおおいです
求職者の多くは日系企業や大手日系企業を希望します。人気があってとても応募は多いのですが中途採用の求人数はとても少ないと思ってください
事業が拡大している会社は求人数も多く中途採用の採用率も高いのですがそれ以外はちょっと求人数が少なくなってしまいます
求人数が多い企業というのは事業拡大などでまだまだ成長してる時です
しかし日系大手企業の多くはすでに成熟期を迎えていて求人が少なくなりがちです
なので中途採用で日系大手企業をに応募するのはなかなかハードルが高いことになります
現在の市場規模を知らないと転職活動もうまくいきません
書類審査や内定がうまく行かないのはもともとの市場規模が小さいために自身が思っているよりかなり確率の低いところを狙っているということをわかっておくことが必要です

年齢による転職ハードル

次に年齢による転職のハードルです
日本では年齢は高ければ高くなるほど転職のハードルは上ががります
20代は人気があります30代は普通くらいそして40代に入るとぐっとハードルは上がってきます
今ですと35歳くらいはまだまだ大丈夫ですが40歳を過ぎると残りの勤続年数を数えるようになります
また、年齢が高くなるほど高いスキルと経験が要望されることも当たり前になってきます
過去の資料によると35歳から44歳までの転職者数というのは2002年頃には13万人ぐらいだったのが2019年には15万人ぐらいで、55歳から64歳までの転職者数は2002年頃には9.6万人くらいだったのが2019年には15万人ぐらいになっています
国民の平均年齢が上ってきていますので昔ほど年齢は気にしなくてよくなっているのは事実だと思います

転職者数も2002年に比べて10%程増えています。とはいえ転職 エージェントの話ではやはり若い方が有利なのは間違いないそうです
年齢が上がるほどハードルは高くなるのも間違いありません
30歳台と40歳代が同じようなスキルとキャリアであればほとんどの企業は30歳代を採用します
これからの勤続年数や今後のスキルアップの期待値が大きいからです

職務経歴書とは

次は職務経歴書の記入ですね一般的に記入される事項は一番の特技、経歴、技量、資格などを記入して職務経験で今までにどのような仕事をしてきてどのような成果を上げてきたかを自己アピールをします
当たり前のことですが職務経歴書や履歴書がきちんとできているのは最低条件です
これができていて初めて企業の採用担当に合うことができます
しかしほとんどの応募者はこれくらいのことはできていると思ってください
提出書類で採用が決まることはほとんどありません
よほど特殊な技能やたまたま募集企業が必要としていたスキルを持っていたなどでない限りは書類提出で採用とはなりません

採用選考基準は学歴とか資格職務経歴だけではなく面接での表現力や頭の回転力などの即応性それと転職者の仕事や将来に対するビジョンが重要です
採用担当者に評価されるようなプレゼンテーションをすることも大事な要素です

転職エージェントは見極めよう

転職エージェントは成功報酬で収益を得ます。なので基本的にはどこでもいいから速くとにかく転職させたいそれによって早く収益を上げて次の転職者の仕事にかかりたいと思っています
この業界も競争が激しくなかなか企業も残ってはいけません
毎年数百社ほど廃業していく業種です
なので短期間で成果を追及する質の低い転職エージェントは「現在よりも立場も給料も下げてする転職」をすすめてきます
質の低い転職プランは採用の可能性が高く早く報酬に繫がるからです

転職希望者にとってはこんな転職エージェントに引っかかてしまったら大変ですが求人倍率が下がってきている時代ですので自分だけで転職活動をしていくのも簡単ではありません

転職エージェントとは上手に付き合おう

転職エージェントの最大のメリットは転職業界の事情に詳しく企業情報も一般人よりはるかに多く握っています
未公開の企業情報なども入手している場合があります
転職希望者はまずいい転職エージェントを見つけることから始めたほうがいいかもしれません
転職が昔ほどマイナスのイメージではなくなった現代では転職の為の情報とスキルアップ
そして転職エージェントとうまくつきあう方法
そういった部分も必要になってきます

転職エージェントを選ぶときにはなるべく長くやっている大きな会社の方がいい転職エージェントに当たる可能性がたかくなります
もちろん、小さい会社の転職エージェントにもいい方はたくさんいると思いますが
情報量や登録企業数、転職エージェントの過去経験数の平均値は大きく長くやっている企業の方が高いです

まだまだ大変な時代ですがいいい転職エージェントとうまく付き合って転職を成功させてください

下記に有名な企業をご紹介します

マイナビエージェント
キャリアを見つめ直すなら今。無料転職サービスの申し込みはこちらから。独占求人多数・土日・平日夜も面談可・年収550万以上の求人・専任キャリアアドバイザー・マイナビの豊富なリソース・20代向け求人が豊富・簡単/申込はたったの3分・業界ごと特化したサポート・マイナビグループ・約80%が非公開求人・サービス: 推薦状の作成, 応募書類の添削, 面接対策, アフターフォロー, キャリアカウンセリング, 登録サポート, 応募手続き代行。

JAC リクルートメント
迅速、丁寧な対応で利用者の満足度93%。大手や海外/外資系の厳選求人が豊富。非公開求人50% 年間登録者約6万人・企業担当者が直接オファー・グローバルネットワーク・スピーディーなレスポンス・JACだけの独占求人・ハイレベルのサービス・国内9拠点で対応・サービス: 非公開の独占求人を紹介, 高い専門性と豊富な情報量, 面接対策やキャリア相談, 転職セミナーも開催

リクルートエージェント 

■転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
■リクルートエージェントの3つのメリット
1.強みを発見キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自 身まだ気づかれていない強味を発見します。
2.非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
3.企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。

ビズリーチ
採用が難しいポジションでも、多くの企業様が採用成功を実現しています。 累計導入企業12,800社以上・即戦力人材に会える・採用コストDOWN 効率UP・テレビCM配信中・サービス: 管理職採用, 役員採用, グローバル人材採用, 専門職採用

DYM

第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。
経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。
経験豊富なキャリアアドバイザーが無料個別相談で希望にマッチした求人を紹介しています。
応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています

タイトルとURLをコピーしました