コロナによる採用基準の変化、転職活動や採用への影響

コロナによる採用基準の変化

コロナによる転職市場や採用活動への影響

コロナによって企業の人事に対して採用活動が
どういう影響を与えてるのか気になると思います
これから転職活動を考えている人はそれも踏まえて行動する必要があります

現在の状況は

そこではまずは現状の把握です
一部の業界を除いては大多数の企業がコロナの影響を受けています
業績悪化している企業がほとんどです
そしてこの影響はいつまで続くかわからないことです

回復の目処が立たないと企業も今後の計画は立てづらいわけです
このような状態で企業がどういった採用のしかたをするのか考えてみましょう
前提条件としてコロナの影響で業績が落ちている企業はまず募集はないと思ってください

現在の時点ではコロナの影響を受けてないまたはコロナの影響の少ない企業
もしくはコロナの影響で逆に業績が伸びてる企業が募集をしています
そういった企業はまだ募集活動を行ってるケースが多いですね

ですが今は少し採用基準が上がってきていますそんなことが起きている理由として考えられることはいくつかあります
まずは影響がなかったまたは影響があまりなかったという会社でも
「現在は、」っという前提条件が付いてきます

これからも影響は受けないと断言できるわけではないので採用枠を少し低めに抑えているところも多いのが現状です

コロナの影響により倒産や事業規模縮小などで優秀な人材が転職市場に増えてきています
採用担当者はもちろんより優秀な人材の確保に動くわけですから採用のハードルはあがってしまいます
募集枠に対しての応募数が増えていくわけですから採用基準は自然と上がってきているのです

そして次は社内研修がしづらいというのも大きな要素です
どこの会社も採用後に社内研修で教育してきました
現在テレワークが推奨されている状況で今までのように採用者、数人を事務所に押し込んで研修することはこの時期では無理でしょう

なぜ採用基準が上がったか?

採用基準があがっている原因をもう少し詳しく説明します
コロナの問題が出て来始めたのは2020年の最初のあたりです

その後感染の拡大により自粛要請やテレワークなど社会に大きな影響が出てきました

世の中のお金の流れは単純ではなく毎日毎日の日銭で廻っているところや数年の計画で
会社を動かしそこで予算を組んで利益を得ているところもあります

ですからコロナの終息がわからないと会社自体もいつどのような形で自社に影響が降りかかってくるかわからないのです

企業によっては今製造しているものは数年前に受注したものという場合もあります
そういった企業は現在は影響が少ないわけです
ただ、取引先の業績が将来の受注にかかわってくるわけですのでこの先も大丈夫とは言い切れないところです

今後の企業業績は不透明

簡単にいえば二次的影響は計算しづらいということです

最近ではリモートワークや勤務後に直帰する人が増えてきて自宅にいてる時間が長くなっている人が増えています
その影響でゲームの業界やネット販売の業種は伸びているようです

外出できないので家庭でできる娯楽や買い物に行かなくて済むネットから求めるというニーズが増えたことによるものです

もう一つはネットフリックスやアマゾンプライムのようなネットで活用できるエンターテイメントの利用ですそういったところは今は伸びてきていますがこれからもずっと伸びるかというと
利用者の所得が減ってしまえばやはり影響が出てくると思います

人材の移動

企業は今だけを見て採用はしないので影響を受けてない企業も採用枠に関しては慎重になっています、業績の悪化している企業からはいい人材どんどんが流出していきます
もちろん、これは危ない会社にしがみついていると共倒れをするので早く次の会社に移ろうということです、倒産してからでは遅いですからね

業績が悪い業界に見切りをつけて影響を受けていない、伸びている業界に転職しようという流れです
今は伸びている、もしくは影響を受けてない業界や企業からすればたくさんの優秀な人材が流れ込んでくるわけですから採用基準が高くなってきても仕方のないことだと思います

社内研修の変化

社内研修がしにくいという状況は今までOJTや外部講師を呼んで講習して教育をするというシステムはどこの企業でもすでに出来上がったマニュアルがあります

しかし、急にZOOMなどでリモートの研修をしろと言われてもなかなか教育がしにくいわけですまだ、マニュアルもでき上ってないところが多いですから

リモートで教育するというのは対面で教育するよりもかなりハードルが高くなり効率も悪くなります

採用企業や担当者からするとできればやりたくないというのが本音ですね
そうすると研修教育をしなくても済む即戦力の人材を求めることになります

転職活動はどうすればいいか

そして今一番皆さんが気になっていることは転職活動をしてもいいのかどうかだとおもいます

はっきり言えば世の中が安定して動き出すのはワクチンの開発がうまくいくか特効薬ができるかどうかにかかっていると思います

ただ、業績の悪い業界や企業の方は転職活動を始めたほうがいいでしょう
もちろん現在勤務中の会社への退職通知は採用企業が決まってからにすべきです

今は先の状況が読みにくい時期ですからすぐに次の採用が決まることはないと思って行動しましょう

しかし退職前に会社が潰れてしまっては元も子もありません

転職活動をしていても会社の業績が回復するようならそのまま在籍しておけばいいことです
いわば、転職活動は保険みたいなものです

それに転職活動をしていれば思いのほかいい会社に巡り合えることだってあるかもしれません。心が揺らいでいるのなら転職活動をしておくことをお勧めします

何事も人より早く動くことが利を得やすくなります
考えているだけでは一緒に沈んでいくかもしれません
そうなる事の無いよう自分の行動は全て自己責任で行なって下さい

タイトルとURLをコピーしました