どこにもいるお局様

仕事あるあるブログ

どの会社にも、勤続年数の長い貫禄満々のお局様っていますよね。

でも、お局様のおかげで会社の雰囲気がピンと張り詰めてしまったり、何かと問題が起きたりすることも少なくありません。

中には役職が付いている人でさえ、お局に逆らえないところもあるようです。

そこで今回はお局様についてまとめてみたので、興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

◇お局のせいで新人が辞めていく
せっかく新しい人が入社してきても、お局と取り巻きによって新人が長続きすることがないのよ。
これってよくあることみたいだけど、かなりたくましい新人が来ない限りはこの状態が続くんだろうね。
お局を黙らせるくらいの新人が現れるまでは、新卒はまるで使い捨て状態みたい。
この調子だと、ずっと求人を続けていくことになるのは間違いなさそう。
お局って会社にダメージを与えかねない存在だね。

◇お局は怖くて逆らえない
30年くらいここで働いているお局様は、怖すぎるから逆らう気もまったく起きない。
課長だってお局を怖がっているのが見ててわかるくらい。
安いお給料でお局の機嫌を伺わないといけない課長は気の毒だね。
今までにお局のご機嫌取りに疲れ果てて辞めていった課長もいるし。
役職が付いている人よりも権力があるお局ってある意味感心しちゃうね。
お局にいじめられて辞めた社員だっているよ。
もちろん陰では「あのババア」ってみんな陰口たたいているけど、逆らうことは誰もできない怖さがうちのお局にはあるから絶対にバレないように言ってるね。
これって恐怖政治って言うのかな?

◇お局扱いされて怒るお局
うちのお局はお局扱いされると火が付いたように怒るから、ホント扱いにくいよ。
今は40代後半なんだけど、若いときにお局に咎められて号泣してお局を悪者扱いした、という武勇伝を持っている。
でも、自分がお局になってからは、「若い女性社員は考えが甘い」って言ってるけど、自分も甘かったからそういう先入観があるのでは…。
「ここのお局は機嫌が悪くなると怖いから、気をつけたほうがいいよ!」なんて優しいフリして言ってくる女性社員にこそ気をつけるべきだね。
次期お局候補に上がってるはず。

◇お局様は自己中心的
仕事先にいるお局は超自己中なんだけど、私がいると大人しくなるって職場の人から言われるのはどうしてなのかな。
私ってけっこう勢いがあるってこと?
よくわからないけど、お局が半分キレながら私の仕事を無理やり増やそうとしたときに、上司に相談するという形で告げ口したのが効果があったのかも。
40歳過ぎてあんなに自己中だったら救いようがないし哀れに思えちゃうね。
私も職場の人から嫌がられるお局にならないように気を付けないといけないね。

◇貫禄が出てくるようになったらあなたもお局
自分では全く意識してなかったのに、部長が新人に私のことを元締めって紹介したときはお局になったことを実感せざるをえなかった。
ふと自分の顔を鏡で見たときに、「あぁ、顔が険しくなってきてるな」って感じてたからそんなに驚きもしなかったけど。
ただ、好きでこうなったんじゃないんだけどね。
長年働いてただけ。
周りの人にも貫禄があるから指導者に向いているねってよく言われるけど、遠まわしに口うるさいお局って言われているようなもの。
貫禄って自分で意識してなくても長年勤めていたら付いてくるものなのかもね…。

お局様についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

自分の会社にお局がいる人、また自分がお局になっている人は、共感できるところもあったのではないでしょうか。

会社にいるときは、お局の世界に巻き込まれないようにしてそつなく過ごしていくのがベストなのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました