アパレル店員の日常

仕事あるあるブログ

アパレルの仕事をしていると、服に関する話しがたくさんありますよね。

また、アパレルの仕事は力仕事とは縁がないように見えますが、実はカラダを使う仕事のようです。

ということで今回は、アパレルの店員さんによる話しをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

◇アパレルはカラダを使う仕事
アパレルの仕事してたら、カラダ鍛えられるよね。
声出ししてるから腹筋割れてきたし。
セール中とかタイムセールのときなんて、半端なく声出してるよね。
他のお店も頑張ってるから負けられないし、声が枯れることも珍しくないよ。
重いダンボールを何箱もしょっちゅう運んでるから、腕も鍛えられてきた。
このまま腕がどんどん太くなっていく予感。
ジムに行くお金がうくわ。

◇ 服を立ったまま畳むことができる
ずっとアパレルしてるから、家でも洗濯物を畳むときは立ったまま。
自分でも器用だなって感心しちゃうね。
まさか家事で役立つとは思ってなかった。
旦那にも感心される。
アパレルでゆいいつ身に付いた特技かもね。

◇ 部屋に服が増える
気づいたらクローゼットが服でいっぱい!
入りきらなくて重ねられてる服もある。
服が増えるのは嬉しいけど、限度ってあるかもね。
働いてるお店の服も買ってるし、他のお店でも服を買ってるからヤバイことになってきた。
こんなにパンパンになったから、どれか捨てないといけないわ。
でも、洋服好きだからこれが難しいんだよね。
いつも部屋の片付けは明日しようって思いながら、延ばし延ばしになってしまう。

◇ アパレルをしていたらメイクもヘアアレンジも上手くなる
メイクが上手になったね、って友達に褒められた。
きっとアパレルしているおかげだね。
あと、ヘアアレンジをするのもはまってきた。
アパレルの仕事ってけっこうストレスたまるのが難点だけど、服が大好きだから続けていけてる。
服に合うメイクやヘアアレンジをするのも楽しいし。
この前オシャレな店長から、「アパレル店員っぽくなってきたじゃん」って言われたときは微妙な気持ちだったけど。
だって、わたしアパレル店員始めてから1年近く経つよ。
でも、早く店長レベルのオシャレさんになりたいな。

◇ 服を素早く畳むことができる
服を畳む早さとテクニックには自信があるね。
給食エプロンだって問題ないね。
お客さんから見られてて、「すごい早いですね」って言われたこともある。
そのときは「そうでもないですよ」とは答えたけど、ちょっと鼻が高くなってしまった。
ぐちゃぐちゃになった服が溜まっているときはうんざりするけど、やる気があるときはチャレンジする気持ちになるね。

◇ お声がけの癖が付く
もうアパレルの仕事はやめたんだけど、お客さんへの声かけの癖がまだ抜けていないみたい。
今はコンビニでバイトをしてるんだけど、暇なときとかついお客さんに「これ、私のおすすめです。」と声をかけてしまう。
要らないお世話かもしれないけど。
そんなに長いあいだアパレルはしてなかったのにね。
頻繁に声かけしないといけなかったお店だったから、カラダに染み付いてるみたい。

◇ 祝日は大変
祝日とかは、アパレルしていたら休みたくなる。
お客さんが多くて地獄だし、服の畳直しもこれでもかというくらいしないといけない。
アパレルしてたら、土日の休みもめったに取れないよね。
平日休みのメリットもあるけど、やっぱり土日祝休みはうらやましい。
友達との付き合いも遠のいていく…。
朝がゆっくりできるのはありがたいけどね。

アパレルの店員さんによる話しをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

服を立ったまま畳むことができたりお声がけの癖が抜けなかったりするという話しは、アパレルならではの話しですね。

タイトルとURLをコピーしました