社会人になった感想

仕事あるあるブログ

学生と社会人では、やはり世界が違います。

社会人の世界に入ると、学生の頃には知らなかったような新しいことをいろいろと発見するようになりますよね。

今まで知らなかったことに驚いたりとまどったりすることもあるかもしれません。

ということで今回は、社会人になって初めて知ったことをまとめてみることにしたのでぜひチェックしてみてくださいね。

◇ 報連相(ホウレンソウ)という言葉の存在
社会人になるまで、報連相という言葉は聞いたことがなかったね。
報連相は報告、連絡、相談の頭の文字を取ったもので、仕事をスムーズに行うために大切な要素。
うまくできたもんだなと感心してしまう。
社会人になるまではほとんど使う必要がないホウレンソウだから、社会人になるまで知らなかったというのも納得できるね。
野菜のほうれん草かと思った人は、私だけではないはず。

◇ スマホのバッテリーはけっこう持つ
社会人になってビックリしたのが、スマホのバッテリーを1日に何度も充電しなくなったということ。
社会人って忙しいから、スマホをいじる時間があまりないんだよね。
1日中バッテリーが持つなんて、今まで知らなかったよ。
これはかなり新鮮。

◇ 台風がきても喜べない
学生の頃は台風が来ると興奮していた。
でも、社会人になってからは台風がきたらメンタルに良くないということを知ったね。
台風は来てはいけないものだとわかってからは、台風を喜んでいた頃の自分が恐ろしい。
台風、来ないでね。

◇社会人になると食事の仕方が変わる
社会人になってビールを飲むと、ご飯を食べなくなるね。
この前、たくさんのビール間に囲まれた状態で床で爆睡しているサラリーマンを見たよ。
共感するね。
あと、社会人になって初めて知ったのが焼き鳥の新しい食べ方。
焼き鳥って串から食べる人しか見たことなかったけど、串から外して食べる人もいるんだね。
私もやってみたけど、なんだか上品な感じがしてステキ。
多分家ではしないけど。

◇ボールペンのインクの減りが早い
社会人になってから、妙にボールペンのインクの減りが早いなと思っていたら、それは仕事でたくさん書いているからだということに最近気づいた。
職種にもよるかもしれないけど、社会人になるまではボールペンのインクが1週間でなくなることがあるなんて考えもしなかったから驚いたね。
学生の頃にボールペン使うことなんてほとんどないし。
社会人になったんだなと実感できたわ。

◇スーツのポケットのフラップを知る
社会人になって数年経って、スーツのポケットに付いているピロピロした物の使い方が初めてわかった。
これはフラップというもので、雨やホコリから守るためにポケットから出しておくんだって。
今まで気にしたこともなかったけど、このことを知ってから周りのサラリーマンのポケットを見てみたら、みんなちゃんとポケットからフラップを出している。
みんなやるね。
少し遅れをとってしまったけど、今ではフラップを意識してるよ。

◇ 「なるほど」と目上の人に言ってはいけない
「なるほどね」というのが口癖だった私。
社会人になってからも使ってたけど、目上の人には使ってはいけない言葉だと最近知って焦る。
記憶をたどろうとするけど、上司に使ったことがあるか思い出せない。
社会人になって2年になるけど、もっと早く誰か教えてくれたら良かったのに。
もしかしたら、社会人になって知らないことってまだまだいっぱいあるのかも?

社会人になって初めて知ったことについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

社会人になると知らないこともいっぱいで、何かと恥をかいたり失敗したりしてしまうこともありますよね。

なので、上記のことに「わかるわかる!」と共感した人も多いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました